スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車で高い場所へ登っている

その高い場所で 地面が揺れだす

地震?

みるみる水が溢れ出して

白い土塀の上ギリギリにまで水があふれる

その水は 濁ってなくて 綺麗な透明な水だった



白い土塀に囲まれたその中には たくさんの住宅があった

私は 

「こんな高地なのに水が溜まるのはなぜだろう?」

と不思議に感じた





どこからか 声がする

この地震は 爆破により 起された

爆発により この高地にある 水があふれ

水により さらなる地震が誘発される



猪苗代湖 磐梯山



そんな声が聞こえた



爆発は前もって計画されていた

そして住民にもちゃんと避難準備を知らせていた様子



ただ住民たちは 「一時避難」だと知らされていた

とりあえずの持ち物だけを持ち

また帰って来れるのだと 水が引いて揺れがおさまれば

元の生活に戻れるのだと思っている感じ



私は歩いてるような視点で 坂を下り始めた

私の通っている道は 緩やかに水が流れ落ちる程度で流されることは無かった

別の道は 急流となり低地?海?へと流れ落ちていった



この水が・・・地震を引き起こす?

なぜ?

高地にあふれた水は その地中にもあらゆる方向へと流れ込み

その水が 地殻を刺激して 地震が起こるような絵が見えた

よくわからないけど そのような理由だった




水?これは水なのか?とふと疑問に感じた

ある映像が見えた

自分たちは避難している 前もって準備して避難している心づもりの女性

歩いている 流れ来る水

水なので大丈夫

でも その水が途中から色が変わり 熱いものへと変化する

「熱っ」

彼女の足に熱いものが触れた瞬間 私の足にも熱さを感じた




街並みを見ながら 低地へとたどり着く

割と高いビルが並んで建っている街の様子



ある高いビルが 崩れ落ちた

いつかテレビで見たように 垂直に綺麗に崩れ落ちる様は

ビルの爆破解体の様子そのものだった



街を壊すつもりだ。

そう感じた

あちこちで 建物が爆破されてゆく


マンションもアパートも

商業ビルもなにもかも



わざと爆破されている

これでは避難している人はこの街に帰ってくることなどできないじゃないか




見たことのあるような無いような政治家らしき人の演説

「これは宣戦布告です!わが国はこの事態を受け、正々堂々と・・・・」

とまで来た瞬間

戦争を始めてはイケナイ!!! と

自分の夢に 介入した

うにゃっと空間がゆがみ

「正々堂々と・・・受けて立ちません!」

と 変な演説に変化した(笑)




細い階段を降りるところで 人があふれて詰まっている

夢の中で自由自在なので ふっと空中に昇り

その先を見ると

おばあちゃんが倒れていた

避難の途中で 怪我を負ったらしい



おばあちゃんの友達が叫んでいる

「避難のバス代を・・・娘と孫が帰ってきたときに使ってしまったって?

孫が『おばあちゃんの家まで送ってから帰るよ』というのを

『大丈夫、大丈夫』と無理して タクシー代で使ってしまったって?」



タクシー代で5000円

避難のバス代も5000円くらいってことか



年金暮らしだと5000円で命が危うくなるような時代なの?

とまた不思議に感じた



おばあちゃんは胸の前で手を組み

もうここで死を選択している様子だった



水と 熱い水

上から下へ流れるもの

爆発 爆弾



まだ 引き起こされるといわれている地震は

夢のなかでは起こらないまま

目が覚めた



ほんの少し 猶予がある感じだった



スポンサーサイト

素敵になるには

まず自分から

そしてそこから放射状に広がる



家族間のことや

兄弟姉妹間のことは



まず母親からです



自分が光れば

それが現れるのだけれど



母親が変わると 大きく変わるのです



はじめまして

いろんな方のブログを読みたいと思い ログインしました

主にアメブロで 更新しています http://ameblo.jp/soonannda123/ 


こちらもまた 新たな出会いがあればと期待してます

よろしくお願いいたします

プロフィール

桜花

Author:桜花
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。